本文へスキップ

映画REALIZERのあらすじ
30年程前に起きた核戦争後の2043年、世界は一つの国『アトラヌビラ』によって完全に統治されていた。地上での生活を
奪われた人類は地下で暮らし続け、いつしか信仰、表現、学問の自由は奪われ、居住エリア外への外出や、地上への旅、
芸術活動や集会、そして踊ることすらも禁じられるようになっていった。また至上教育制度が実施され、1歳児から誰もが
統一アトラヌビラ放送を、定められたカリキュラムに従って視聴しなければならず、また供給される食料は太陽装置と科学美水
によって育まれた工場で大量生産されたモノへと変わっていった。それはまるで人類は飼育されているかのような状態だったが
人々はプラスティックでできた貨幣マニー・チップを増やすことに生きがいを見出し、自分達が支配されていることなど忘れ
平和に暮らしていた。

 そんな中、学校が終わると指定居住エリアを抜け出し、禁じられた遊び『ダンス』に興じる少年グループがあった。そのウチの
一人、少年ラハトは地下での生活に疑問を抱き、仲間達が止めるのをよそに独り地上へと旅立っていった。少年は脱走者と
して追われながらも、地上の本当の姿を目の当たりにする。核戦争後人類の去った地上には自然の力が満ち溢れ、濃厚な緑
に覆われた楽園のような大地がそこにはあったのだ。彼はこのことを仲間達に知らせようと地下へと戻るのだが、ラハトは地上
へ逃亡した犯罪者として扱われ、密告者によってアトラヌビラに捕まってしまう。牢獄にとじこめられ、キボロというブレイン
ウォッシュ装置で記憶の全てを洗い流し、洗脳の刑を受けなければならなかった。少年は必死に逃亡をこころみるが上手く
いかず、遂に刑が実行される。完全に洗脳が成功したと判断したアトラヌビラは、身体能力がズバぬけて高いこの少年を国の
工作員にしたてあげ、ある任務の遂行のため島へと送った。

 少年ラハトは島で少女サラに出会った。サラのお祖父さんタイオワは戦前存在した、世界の文化の中心シャパ国の宗王で
あり聖者だった。彼らシャパ民族の王族達はアトラヌビラ人からも敬われ地上に住むことを許されていたのだが、タイオワは
戦争がアトラヌビラが地上を独占するために彼ら自身の手によって行われたものあることを知ってしまった。彼は地下に閉じ
込められた人間達を解放するため抗議を行い、いつしかその勢力は拡大していった。アトラヌビラは孫娘のサラの身柄を拘束
し、タイオワ達の活動を終息しようとし、その任務に遂行をラハト達に命じたのであった。

 ラハト達はサラを島から連れ出すことに成功したが、少年は本当は洗脳されておらず、サラと二人、逃避行の旅に。途中、
サラを奪い去られてしまうが、タイオワとの出会いによって宇宙創造の根本エネルギーであるプラーナを自由自在に操る術を
身につけ、再びサラを救出する。二人は仲間達を地上に招き、蘇った大地と共に踊り、タイオワ達と地下に閉じ込められた人類
を救う計画を実行に移すのだが・・・・・・


映画の主な登場人物達
■■■ラハト・・・・・・・・・・・・・この映画のヒーロー。地下のキッズ・グループ中心人物で、アトラヌビラによって洗脳を
                  施されるが、サラのお祖父さんタイオワと出会うことによって覚醒者『Realizer』となり、人類を
                  地底の生活から救出する
■■■サラ・・・・・・・・・・・・・・この映画のヒロイン。元シャパ王国の王家の女の子。ラハトによって楽園の島から連行されるが
                  二人は心を通わせ、大地や自然と切り離されてしまった人類を少年達と共に目覚めさせる。
■■■ユウキ・・・・・・・・・・・・ラハトの親友の一人。IQ200を越す頭脳派でありながら、ずば抜けた怪力の持ち主。
                  ラハトが地上へ旅立つことに猛烈に反対するが、ことの真相を知ってからはラハト・サラと行動を
                  共にし、全力で人類を救出する。
■■■アミ・・・・・・・・・・・・・・・キッズ・グループの女の子。いつも元気で明るい笑顔のアミは、グループ皆の人気者。
                  キッズ・グループの集会ではマニー・チップの使用を禁止し物々交換によって運営したり
                  自分達で地下や地上に農園を作ったりと、いっつもポジティブな方向に皆をもっていく。
■■■ナク・・・・・・・・・・・・・・キッズ・グループの一人。いつもパンチのきいたギャグで、ピンチに追い込まれた人達に
                  笑いと笑顔を。また予知能力的な力を持つ。
■■■ハル・・・・・・・・・・・・・・ユウキの妹。最初は泣き虫で弱虫な女の子だが、ダンスが大好き。 
                  物語の中大きく成長し、のちのちは年下の子供達をまとめるリーダー的存在に。
■■■ミツ・・・・・・・・・・・・・・・ラハトの親友だったが、アトラヌビラの地低管轄員の親を持ち、ラハト達を裏切ることに。
                  しかし、ミツは自分の過ちにに気づき、苦しみ、人類を地底から救うことに全力をついやす
                  ようになる。
■■■リム・・・・・・・・・・・・・・ラハト達キッズ・グループと勢力争いをするグループのリーダーでメカに詳しい。ラハトとサラに
                  よって地上に招かれ真実を知り、統一アトラヌビラ放送の電波をジャックし、地底の人間達に地上
                  の本当の姿を見せ目覚めさせる。
■■■シス・・・・・・・・・・・・・・同じくラハト・グループと勢力争いをするグループの女子リーダー。アトラヌビラの
                  世界工場で物質を瞬時に消滅させる0物質の生産に携わる地下上層階級とその子供達を主軸に
                  構成されたグループだったが、アミに次第に感化され、地上に森や畑を作るようになってゆく。
■■■ラハト・グループ・・・・ラハトと行動を共にする、ダンス好きなキッズ達
■■■リム・グループ・・・・・・ラハトグループのライバルグループ。少し機械的なダンスを好む。
■■■シス・グループ・・・・・女子を中心にしたグループで、皆アグレッシブなダンスが大好き。
■■■タイオワ・・・・・・・・・・・戦前存在した、世界の文化の中心シャパ国の宗王であり聖者。アトラヌビラ人からも敬われて
                  いるタイオワはラハトやサラ達を導き、地上に楽園を築こうとする。
■■■フィルネム・・・・・・・・・アトラヌビラ法皇王。『天から下って来た者』と呼ばれ、支配、権力、戦いなどネガティブなことが
                  大好き。最終的には・・・・
■■■光輪兵・・・・・・・・・・・・ラハトが洗脳後、一時的に属したアトラヌビラの子供秘密部隊。人としての感情は無く、
                  無表情なまま、0物質兵器を駆使し、恐怖によって人類を支配しようとするアトラヌビラの象徴
                  地下のキッズ・グループ達と敵対する光輪兵だが・・・・

■■■その他多数


映画出演への流れ
映画『Realizer』は映像作家である中村泰仁が海外の映画賞を狙う野心作です。2014年海外の映画祭を巡った後、逆輸入的
な作品として日本の劇場で公開します。まだ演技の勉強をしていない子も、すでに何処か事務所などに所属している子も誰で
も応募可能です。以下その応募条件と手順です。

           □1.映画への出演を希望される方は必ずRLSキッズ・ダンス・コンテスト(公開オーディション)へ
              応募していただく必要があります。  
              【詳しくは↓コチラをご覧下さい】
              ダンス・コンテスト
           □2.RLSキッズ・ダンス・コンテスト(公開オーディション)と同様に2012年12月30日の時点で
              小学校・中学校へ通う男女に応募資格があります。
           □3.応募には親の承諾が必要です。保護者の方は必ず応募用紙のサイン欄にしっかり
              記入して下さい。
           □4.審査通過者のみコンテスト(公開オーディション)へ出場できます。
              入賞者から順に出演者の決定をしていきますが、入賞されなかった方も
              演劇ワークショップへ参加することによって映画へ出演できる可能性があります。
           □5.入賞者の方も、入賞されなかった方も2013年4月より開催される演劇ワークショップへの
              参加が映画出演の条件となります。演技のワークショップは週1日、
              映画の撮影は学校が休みではない時は月に一日、
              春、夏、冬休みには連続で数日間、映画本編を撮影していきます
              映画のクランク・アップは2014年3月頃の予定です
              また映像ワーク・ショップへの参加は月6500円の月謝が必要になります。
              【ワークショップ詳細は↓コチラをご覧ください】
              演劇ワークショップ
           □6.コンテスト終了後、2013年1月末日までに出演者を決め、親権者の方の再度、同意を得た後、
              正式に出演が決定します。

              映画トップへ
           

2012年11月13日
サイトをオープンしました。